大津高校サッカー部

【選手権 決勝 秀岳館戦後 選手コメント】

○森田 大智(3年、FCK天草)

決勝戦は試合開始直後から相手に押し込まれる展開となりましたが、セットプレーから得点することができ、自分たちのペースに持っていくことが出来ました。その結果得点を重ねることが出来たと思います。しかしチームとしては被シュートが多かったことや不用意なボールロストがあったこと、個人としては無得点に終わってしまったことやミスが多かったことなど多くの課題もあった試合でした。それでも、全国の切符を獲ることができホッとしています。自分たちの目標は全国制覇です。そして来週からプレミアリーグも再開します。気持ちを切り替えて、全国2冠を目指し頑張っていきたいと思います。今大会も応援ありがとうございました。引き続き応援よろしくお願いします。

○和田 理央(3年、小倉南FC)
今日の決勝戦は、自分としては今大会初の先発で起用していただき、まずは去年の三年生と一昨年の三年生の悔しさを晴らせた事は本当に良かったです。チームとしては、初戦から決勝戦までセットプレーやゴール前などの崩しから得点を重ね、無失点で優勝できたので全国大会への大きな励みになったと思います。
 個人としては、立ち上がりの守備の立ち位置や試合全体を通しての攻撃参加など他にも課題があったので、改善していこうと思います。
 全国大会に向けて、個人としては練習から自分の課題と向き合いながら、チームにもっと貢献できる選手になれるように頑張ります。チームとしてはインターハイで負けた悔しさを力に変えて最後の集大成としてチーム一丸となって日本一の集団となって全国制覇します。
 また、これまで支えてくださった方々の感謝の気持ちを忘れずにこれからも全力でプレーします。
○日髙 華杜(3年、ブレイズ熊本)
今回の選手権は色々な思いを背負ってチーム全員で戦いました。決勝戦では今年のチームの強みであるセットプレー、サイドからのセンターリング、内側での崩しと大津高校らしいサッカーをすることができて、守備の面でも無失点で7-0という結果で終われたことはすごく良かったと思います。2年間の仮を返せすことができました。その中でもまだチームとして課題だったり足りないところがあると思うので、全国大会に向けてもっといいチームを作り、全国制覇に向けて励んでいきたいと思います。
個人的には、決勝戦は結果は残すことはできたものの、自分のプレーを上手く出せずに終わってしまって悔しさも残る試合でした。夏のインターハイでも全国の舞台で屈辱を味わい、その仮を返す場所は全国の舞台しかないと思うので、そこに向けていい準備を進めていきたいと思います。これからプレミアリーグなども続き、大津高校を表現する場がたくさんあるので、もっと大津の強さを証明していきたいと思います。

スポンサー様一覧

大津高校サッカー部はスポンサー、サポーター、保護者会、OB会など多くの方々に支えられております。

オフィシャルスポンサー

メインスポンサー

応援スポンサー

ミニスポンサー

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE